So-net無料ブログ作成

THE ALFEE@川口《本編編》 [┣ '14 LIVE (THE ALFEE)]

THE ALFEE 40th Aniversary 2014『Genesis』
川口リリア メインホール・本編の巻

4/5 21:54 UPしました。
ネタバレ指数40

★★★コメント欄あたりにジャンプしたい方はコチラをクリック★★★


今年も始まるTHE ALFEEの春ツアー。
初日はお馴染み川口リリア。
天気は生憎の雨模様。
待ってても止む気配も小止みになる気配もないので、14時30分くらいに家を出た。
横浜市営地下鉄で桜木町まで行って、そこから京浜東北線で1時間強。
本当はもっと早く行かれる経路もあるのだろうけど
乗換が少ない方が好きなので、のんびり京浜東北線。

現地に着いたのは16時を少し回った頃。
グッズの先行販売が始まったところらしい。
うわ〜…雨の中外まで並んでら。
だけども既に販売がスタートしていたので、ゆっくりではあるが
少しずつ前進していたのでさしてストレスは感じなかった。

売り場に辿り着いたのは17時15分くらいだっただろうか。
もう今回も目の前で「先行販売は終了でーす!」と
言われてしまうのかとヒヤヒヤした。
今回買ったのは
・パンフレット(CD付き)
・ショルダーバッグ
・ツアーTシャツ(M)
・RADICAL TEENAGERリストバンド
・ピックセット
の5点。

展示されていたサンプルを見る限り、この他に欲しいものはあんまり…(^^;。
まぁKMBとミルフィーはいずれ買うけれども。

買い物の後、これといってすることもないので、またまた入場列の最後尾に。
ほぼ17時45分開場。トイレを済ませて座席へ一直線。

本日の座席:1階1列30番台。
いっかいいちれつ…なんという輝かしい響きだろう。
2006年秋ツアー以来の最前列。ファン歴30年にして二度目。
1分1秒でも長く最前列を味わおうと、やたらと早く着席してしまったが…
うーん、実に落ち着かない(^^;。ステージが近すぎる。
今回も開演前に流れているのは1974年のポップスだといいな〜と
ちょっと期待していたのだけど、流れていたのはクラシック。
パッヘルベルのカノンとか、アヴェ・マリアとか…。
「壮大な」というよりは、癒やし系の静かなクラシック。

まだ薄暗いステージを眺めてみる。
ステージ後方中央には、横に引き延ばしたような八角形。
おそらくあそこからメンバーが登場するのだろう。
その周りには、なにやら空調の吹き出し口のような(^^;
四角い枠が左右合わせて10個くらいだろうか、設置されている。

王子のマイクスタンドに注目すると、小物置き場にスライドバーが1本。
なにかスライドバーを使う曲をやるんだね?。
なんだろなんだろ。“JOURNEY”かな、“Promised Love”かな。
個人的には“JOURNEY”希望。

18時15分になると、アナウンスが流れて、各ローディーが楽器のチェック。
なーんかいつにも増して、開演までの時間が長く感じる。
無駄にドキドキしてくるではないか。

18時30分になって1ベル。スタートはおそらくその5分後だったと思う。
オープニングのSEが流れ始め、座席から立ち上がるオーディエンス。
今回のSEも「壮大な」というよりは「軽快な」感じ。
のっけから手拍子が始まる。

しばらくして、予想通りの場所からメンバー登場。
いつものように、最初は逆光でシルエット。
しばらくそこに立っていたかと思うと、それぞれの立ち位置に移動し
ローディーから楽器を受け取る。

ヤバイヤバイヤバイ!近い近い近い!(笑)。

桜井さんの衣装は、光沢のある葡萄茶…いや明るい煉瓦色かな
ともかくそんな感じの色のスーツで、
中は黒いシャツと、やはりダークカラーのタイ。
幸ちゃんは、これまた形容の難しい…不可解なオリエンタル柄の細身のスーツ。
王子は、淡いピンクの衣装。
最近ありがちな形で、上はノースリーブで裾の長さは膝くらい。
身頃はぴちっとタイトな感じで、大胸筋の谷間見せ(笑)。
しかしながら、この大胸筋がご立派すぎて胸元がなんともキツそう(^^;。
ギターを弾くのにちょっと前屈みになると
大胸筋のところが更にカパッと開いてしまって…思わずこれでいいのか?と。
ボトムは確かパールホワイトっぽい裾フレアだったかな…
(って憶えとらんのか?!←いや、ちょっとぽーっとしてたもんで^o^;)。
髪はユルいウェーブで、個人的にはイイ感じ。
ギターはFlying Angel FANTASIA。

さぁ!1曲目はなんだろう。

…王子が歌う。

♪こっどっくのマイ・ジェネーレイショーン!

おぉー!“孤独な世代”だ!。
ヤバイ、歌詞がわからん(^^;。
拳を振り上げるタイミングは、なんとなく体が憶えていたけれど
ツアー初日の最前列はちょっとキツイ。
ただでさえ、歌詞がわからないのに、メンバーの歌声も
なんだかモゴモゴしていて聴き取りづらい。
最前列ってこんなもの?と思ったけれど、ライブが進行するにつれて
音のバランスが取れてきたのか、はたまた自分の耳が慣れたのか
最終的にはモゴモゴして感じは殆ど気にならなくなっていた。

そして“トラベリング・バンド”!!!。
早くもテンションMAX!。狂ったように手拍子全拍打ち。
この曲だったか記憶が定かではないが、
ステージ左方向では桜井さんが欽ちゃんジャンプ(笑)。

♪東へ〜西へ〜たどり着いたぜ川口〜!で大歓声。
間奏後のリフでは、王子の
「♪AH〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」
を間近で聴けて、大コーフン!。
♪今夜は〜帰さないぜーーーー!!!のシャウトでエキサイト。
そして、王子が前に出てきて動くたびに
なにやらいい匂いがぶゎんぶゎん漂ってくる(* ̄▽ ̄*)。

“トラベリング・バンド”が終わると、
王子おもむろにスライドバーを左手薬指に。
なんだろなんだろ“JOURNEY”かなぁワクワクワクワク…。
でも、右手はピックのまま。どうやら“JOUNEY”ではないらしい(・o・)。

“GET YOUR CHANCE”
そーだ!この曲があった!。
「SHOUT!」のところで、
無造作にポイッとスライドバーをステージ上手に投げ捨てる王子。
近くで観ると、ますますかっちょえぇ〜。
そしてそのスライドバーをササッと素早く拾いにくるローディー。

ギターはここまでがFANTASIAだっただろうか…。
そして次に持ち替えたのが、確かゴールド&シルバーのFlying A-V。
ギターも王子も眩しいが、なんと言っても王子の背後から
後光のように照らされる照明がめちゃくちゃ眩しい。
逆光状態になるので、大事なところ(ギターソロなど)で
王子の顔がよく見えない。

“Time Spirit”
うわ〜、なんだか懐かしい曲が来た。
この曲での個人的ツボは2コーラス目の桜井さんパート
♪てがかりはすべてOpen Your Heart…のところ。
「オプニョハ〜」という桜井さんの発音がなぜだか耳に心地良い。

“THE AGES”も割としょっちゅうやってるけど
意外とこの曲に関しては「またぁ?」感は少ない。
まぁ好きだからなんだろうね。

ここで幸ちゃんの挨拶だっただろうか。

幸「こんばんはーっ!。
  さぁー、始まりました!。2014年の春ツアー、初日でございます!。
  今年はデビュー40周年ということで、
  いつもと違ったツアーになりそうな予感がいたします!。
  今日はどうなるんでしょうか。
  1階のみなさんはもちろん、2階!、3階!、最後までヨロシクーーー!」

王子再びギターチェンジ。今度は確かFlying A-IV(Black & Red)だったかと。
“Beginning of the Time”
イントロ聴いて、あーこの曲ってなんだっけなんだっけ状態(笑)。
サビまで来てようやくわかるというパターン。

イントロのフレーズを力強く弾く王子、
パワースタンスでヘドバン気味に髪を振り乱して演奏する姿がカッコ良すぎる。

そして、曲が終わりステージ前方に歩み出る王子。

♪ズッ・チャッチャラ〜ラ チャララチャラ〜ララ
 ズッ・チャッチャラ〜ラ チャララチャラ〜ララ

“二人のSEASON”ヽ(^。^)丿。
ステージ前方を右へ左へ移動しながら歌う王子。
またまたぶわぶわイイ匂い(笑)。
♪耳元で囁く…は、低い声での「愛してるぜ」(だったと思う)。
間奏も、中央で演奏する王子を、ほぼ真横から観るような格好で
普段滅多に観られないアングルから、スウィープ奏法ってぇの?
あの右手が弦の上をぐるぐる回る奏法を観ることが出来て、なんだか感激した。

それと後奏の3人並んでのヘドバン!。
リフを奏でる王子の上腕筋やら前腕筋が動くのを観て
「おぉ〜これは紛れもなく生身の王子だ〜」なんて思ったりなんかして。

演奏が終わると、王子がFA-IVを右手で高々と掲げたところでステージ暗転。
幸ちゃんとサポートの二人が残り、幸ちゃんのMC。

幸「ハイ、ありがとうございます、ありがとうございます!。
  …もう4月ですよ、早いですね〜。座りますか?。座りましょうか。
  これからまだ先がありますからね」

幸「この春のツアーは『Genesis』というタイトルでやっておりますが、
  それでは、このバンドのGenesis!、創世記!、
  創設者のこの方をお呼びしましょう。
  盛大な拍手でお迎え下さい。桜井さーーーん!!!」

ステージ左手から桜井さん登場。片手を挙げて…

桜「ようこそ…」

ここで桜井さんが川口は自分の地元だ、みたいなことを言うと…

幸「アナタの地元は同じ埼玉でも秩父の山奥でしょう!。
  今は秩父市とがっべいしちゃったんでしたっけ?」
桜「吸収合併されちゃいました」
幸「まったく、ウソついちゃいけませんよ」
桜「だってエイプリル・フールだから…」
幸「エイプリル・フールってのは1日だけ!。今日は4月3日!。
  エイプリル・フールは一昨日!」
桜「えっ?、そうなの?。エイプリル・フールって4月いっぱいじゃないの?」
幸「違いますよ」

桜「エイプリル・フールってのはさ、4月生まれにはバカが多いってことでしょ?」
幸「あ…カッチーーーン…(▼▼メ)」
桜「4月生まれはバカが多いでしょ?。
  (と、太郎さんを指差し、幸ちゃんを指差し、ただすけくんも指差すと
   違います!5月です!と五本指を出して否定するただすけくん)」
幸「そんなこと言っちゃっていいんですか桜井さん!。
  ミュージシャンで4月生まれの先輩は多いですよ。まず加山雄三さん」
桜「えっ…」
幸「拓郎さんとか、さださんとか、甲斐さんとか、いっぱいいますよ」
桜「(▼▼;)…」
幸「じゃぁ、そこのところを…もう(高見沢の準備は)いいですね?」
桜「(頭の上で両手で◯を作って)大丈夫?」
幸「それじゃこの方にもそこのところを聞いてみましょう。
  高見沢さーーーん!」

ステージ上手から、衣装替えした王子登場。
光の反射の具合で黒にも赤にも見える生地に、
金の飾りで花のような柄が施されているドレスコート。
もちろんノースリーブだが、肩には肩章。
パンツはゴールドだけど、これも光の加減で黒にも金にも見える不思議な素材。

ハンドマイクで幸ちゃんに近づいて行く。

高「ワタシは何を隠そうフランス生まれです!」
幸「何言ってんだよ!(^"^;」
高「ボンジュ〜ル」
幸「なに桜井と同じこと言ってんだよ!。
  アナタこそこのへんの生まれでしょ。このへんとか隣の駅とかの」
高「あ、そうか(笑)」

幸「ところで桜井さんが、4月生まれはバカが多いって言ってますよ。
  あの1年中フールが!」
高「(桜井さんに近づき、お尻を突っついて)どの口が言ってんだ!」
桜「あっ!そこはお尻!」

が、なにやら王子が期待していたのと違うリアクションだったようで
マイクを使わずに、桜井さんに何かを訴える王子。そして再度…

高「どの口が言ってんだ!」
桜「そこはおケツ!。…こいつケツって言えってうるさいいんだもん」

幸「4月生まれには先輩たっくさんいますからね。
  桜井、今度拓郎さんに言っといてやろうか」
桜「それだけは…もぉ〜ヤメテ!」
高「似てねぇ〜。ここはやはり本家本元にやっていただきましょう」
幸「もぉ〜ヤメテ!もぉ〜ホンットに何の脈絡もなくもぉ〜ヤメテ!」

高「ところで営業部長!」
幸「営業部長!」
高「営業部長!」
幸「営業部長!」
高「今回のパンフレットはどんな感じなのかな?」
桜「あっ、これね〜、手前味噌になるけど
  今まで出したパンフレットの中では一番いいかも」
高「どこがいいの?」
桜「よくぞ聞いてくれました奥目マッチョくん!
高「なんだよそれ!」
桜「もう、高見沢の目が引っ込んじゃって引っ込んじゃって!」
  おーい!高見沢の目、出てこーーーい!
高「そんなに引っ込んでねーよ!」
桜「引っ込んでるよ!。目玉の2/3は引っ込んでる。1/3しか出てない。
  横井さーーーん!」
幸「洞穴じゃねーんだから(笑)」

ここで王子、おもむろに自分の立ち位置方面に戻り
《飲み物置き場》にいつの間にかスタッフが用意しておいた
ツアーパンフを取りに行く。

幸「なぁ、『よくぞ聞いてくれました』って言ってくれよ」
桜「……?」
幸「段取り一つスッ飛ばしただろ!」
桜「おまえ(高見沢)だよ!。おまえが間違えたんだろ!」
高「(^o^;(^o^;(^o^;」
幸「どこが相応しいんだよ?」
桜「よくぞ聞いてくれました!ガリガリおチビちゃんっ。
  …あいつ(高見沢)って自分が悪いとわかると
  すぐ別なところに行っちゃうんだ!(▼▼)」
高「(ニヤニヤしながらパンフレットをパラパラ)」

幸「だからどこが相応しいの?」
桜「ここだよここ!」
高「このへんって何ページだよ?!」
桜「…ページ数書いてねぇんだよ」
高「大体どのへんだよ?!」
桜「真ん中よりちょっと後ろ…いや、大体まんなかへん」

どうやら王子用に用意されたパンフレットには
全然関係ないところに付箋が付けられていたようで…

幸「その付箋のところだろ?」
高「違うんだ。この付箋、全然関係ないところに付いてんの」
桜「ここです!(パンフの38頁あたりを開いて客席に見せる)。
  今回は3人で乗馬をしました」
幸「なに?馬がいいの?」
桜「部屋の中のもドラマチックでいいけどさ。
  この3人が乗ってる馬がいいです。高見沢は白馬!」
幸「そりゃそうだろ」
桜「坂崎は茶色い馬。そしてワタシは…」
高「大五郎か!」
桜「…大五郎です」
幸「なに、桜井はロバじゃないの?。ラバ?、ラクダ?」

桜「この3人で南フランスのニースをですね…」
高「なんだってぇ?」
桜「ニースを…」
高「ニース?!」
桜「…スイマセンでした!」

高「どの口が言ってんだ!(と、またしても桜井さんのお尻を突っつく)」
桜「そこはお尻!…そこはおケツ!」
幸「二人で尻触っていちゃついてんじゃねぇっ!」
高「別にいちゃついてねぇーよっ!(^"^;」
桜「オレばっかりじゃなくて、坂崎にもやれよ!」
高「(幸ちゃんのお尻を突っついて)どのケツが言ってんだ!」
幸「どのケツが言ってんだじゃオチないだろ!。ここケツなんだから!」
高「もうヤメヤメーっ!。今日はここまで!!」
幸「まぁ初日はこんなもんでしょうね(笑)」

幸「それではそろそろ歌の方に戻らせていただきましょう。
  今日の天気にぴったりのこの曲をお送りします」

王子のギターはストラトキャスター。黒いボディに白いピックガード。
おそらくブラッキー…かな(いやわからんけども)。
ストラトで弾く雨の歌…なんだろう。
それは“悲しみの雨が降る”だった。
モニタで王子の足元は見えないが、
イントロや間奏に入る時に、グッとペダルを踏み込むのがわかる。
なんだかもうすっかり王子に見惚れてしまった。

そして座りコーナー2曲目は耳慣れぬイントロ。
でも、コード進行でなんとなく何の曲かわかってきた。
“悲しみが消える時”
イントロのアレンジが新しくなっていた。
王子のギターは、確かMetal Blue Cross-Tだったと思う。

桜井さんボーカル、幸ちゃんボーカルと来たから
次はおそらく王子ボーカルの曲だろう。何が出てくるんだろう?。
ピアノのイントロ…“桜の実の熟する時”
ステージ袖でギターを持ち替えて戻ってきた王子。
そのギターはギブソン・レスポール・カスタム、シースルーピンク。
この曲を演奏するときによく使われるギターだ。
間奏のギターソロに入る直前に、
ピックアップセレクタをさりげなく切り換える仕草にヤラレた。

ただAメロBメロを歌う王子の声が、
なんだかモゴモゴして聴き取りづらかったのだけが残念な点だった。

開演前に「空調の吹き出し口みたいな四角い枠」と書いたのは
実は電光スクリーンだった。
この四角いものの他、緩くカーブした縦長のものもあり
それらに曲をイメージしたような、抽象的な映像が映し出される。
“桜の実の熟する時”では、もちろん舞い散る桜の花びらのような映像。
他の曲でも効果的に使われていて格好良かった。



ここで、王子のMC。

余談だが、最前列にいると専属のカメラマンが
ステージ上の写真を撮影するために目の前を激しく行き来するので
これのために結構集中力を削がれたりする。
MCの間はそれまでに撮った写真を
カメラの液晶モニタでチェックしていることが多く
時々それをチラ見しては「おっ、さすがプロ!。綺麗に撮れてるねぇ」なんて
思ったりなんかして(笑)。

高「ハイどーもありがとう。
  “桜の実の熟する時”をお送りしました。
  この季節限定でやったりしてますけどねー。
  『桜の実に熟する時』っていうのは島崎藤村さんの本のタイトルなんですが
  桜の実の熟する時っていつだろう?と思うだろ?。
  桜の実の熟する時ですから、今ではないんです。いつだかは知りませんけど」
  
高「この国には桜の歌がたくさんあります。
  メジャーなものから、このようにあまり知られていないものまで。
  でも、ワタシはこの歌が一番好きです」

高「そして、“悲しみの雨が降る”、“悲しみが消える時”、
  悲しみシリーズでお送りしましたけどねー。
  ここで“哀しみの泉”がくれば最高だっただろ?。そうはいかないんだ(笑)」

高「“悲しみが消える時”は、
  どうしても僕らのキャンパスライフを思い出してしまいますね。
  悲しみが消える時って言うけど、悲しみって消えて行くよね。
  どんなに悲しいことでも時間が経つと薄れて行くじゃないか。
  時間と共に忘れて行く。これって人間の特性なのかなぁ」

高「桜井は人から金借りたことはすぐ忘れちゃうんですよ」

ハァ?と聞き捨てならない表情の桜井さん(^^;。

高「ワタシは彼に200円貸して、まだ返してもらってません」
桜「返さないのはお前だろう!」
高「あ…ハイ、ワタシでした(^o^;。300円借りたんだよね。
  ちゃんと憶えてるよ。あとで返すから!」
桜「着払いでな」
高「代引で」
桜「…いいよ、300円くらい」
高「ホント?。じゃぁ300万貸して」
桜「(▼▼メ)」

高「僕らもデビューしてから40年、
  いろいろ嫌なこととか悲しいことがあったけど、
  3人でやってると消えて行くもんな。
  3人でずっと続けてきたこと、それが僕らの小さな誇りです」

高「悲しみが消える時ってどんな時なんだろう?。
  坂崎は悲しみが消える時ってどんな時?」
幸「悲しみ?。…悲しみをぶっとばせ」
高「それはビートルズ。悲しみが消える時!」
幸「え?。悲しみが消える時?…消えない」
高「えっ?消えないの?!。おまえって引きずるタイプ?」
幸「そう」
高「あ、そうだよな。おまえ結構引きずるよな。
  急にタバコ吸い始めちゃったりしてさ。
  こいつ、人には『高見沢、タバコは喉に悪いからやめろ』とか
  『喉に悪いからビールなんて飲むな』とか言ってたクセに、
  突然タバコ吸い始めちゃってさ」
幸「ふられた時にな。俺が悪かったんだよ。あれは俺が悪かった」
高「いや、そんなことはないよ」
幸「でもだんだんわかってきた」
高「何が?」
幸「こういう時にはこうすればいいんだってことが」

高「桜井さんはどうですか?」
桜「己を知るってことですよ」
高「ほぉーーー?」
桜「やっぱり時間ですよね」
高「時間が経つと忘れるって話でしょ?。
  その話はさっき俺がしたから他の話して」
桜「ワタシは酒を飲んで忘れます」
高「でも次の日になったらまた思い出すんだろ?」
桜「そうしたらまた飲みます」
高「ずっと飲んでるじゃないかよっ!」

高「ハイ、忘れるヤツ、引き摺るヤツ、飲んで忘れるヤツ、以上でした!。
  みんなの悲しみが消える時は、やっぱりアルフィーのライブに来て、
  デャーーッ!ってやってる時じゃないかな」
幸「デャーーッ!って?」
高「そう、デャーーッ!って。
  …みんなの悲しみはこの歌で消し去っちゃいましょう!。
  “LOVES FOR ONE”

おわっ!立たなくちゃ!。
慌てて膝の上の荷物を椅子に置いて立ち上がる。
王子のギターは…なんだっけ?忘れた(^o^;。

テレビやラジオでしか聴いたことがなかったけど、
ライブで聴くとかなり迫力がある。
特にサビ終盤の♪たった〜ひと〜つの〜…のところの
♪ズタ!ズタ!ズタ!ズタ!ズタ!ズタ!ズタ!ズタ!…
という、裏打ちっぽいリズムが
思わず走り出したくなる感じで、めちゃくちゃカッコイイ。
これ、テレビやラジオで聴いてる時には全然気付かなかった(・o・)。

そして“Nouvelle Vague”
正直、ちょっとだけ「またぁ?」と思ってしまった(小声^o^;)。
だけども、王子のギターを観たらそんな思いは吹き飛んでしまった。
どんなギターが出てきたのかというと、Metal Hawk Nouvelle Vegue。
Metal Hawkなんていつ以来だろう?。
別にこのギターが好きってわけではないのだけど
懐かしいギターや珍しいギターが出てくるとテンションがあがる。

次の曲では、幸ちゃんがダブルネックのアコギに持ち替える。
ダブルネックだが6弦と12弦のダブルではなく
どうやらスチール弦とガット弦のダブルネック。
てことは、もしや…。

♪ポロロン〜

幸ちゃんが奏で始めたのは“春の嵐”
うわー、そうかー、そうなのかー…。
'06年の秋ツアー、広島2daysの二日目。
この日、人生初の最前列を体験したのだけど
この時も、この曲が演奏されたことを思い出した。
その時の王子のギターが'58年製3ハムのレスポール・カスタムで
ものすごーーーく嬉しかったのだ。
今日はFlying A-V。
今日は'58年製のカスタムは出てこないかも知れないな…。

あの時も今日と同じように王子前で、
ちょうど同じようなアングルだったので、
拳を上げながら7年半前の広島でのライブを思い出していた。

終盤には、後奏で王子のギターソロの見せ場がある曲が入るのが定番だが
どうやらこの春は、この“春の嵐”がそれになるらしい。
うーん、以前にもこういう展開があったので
出来れば他の曲でギターソロを聴きたかった…と思わないでもなかったが
これもやっぱり目の前で、髪を振り乱しながらギターを弾き倒し
最後に♪ジャン!とポーズをキメた王子の姿を観たら
そんな思いは吹き飛んでしまった。

暗転したステージで、ギターチェンジの王子。
FATNASIAを抱えて戻ってきた。
さぁ次は何の曲が出るんだ?!と構えていると…

♪ジャカジャカジャジャー!ジャカジャカジャジャー!
 ジャカジャカジャジャー!ジャージャージャー!

ひゃっほ〜!ヽ(^。^)丿
“ジェネレーション・ダイナマイト”だ!。
この春は“SWEET HARD DREAMER”なんじゃないか?と思っていたけど
またまた“ジェネダイ”だった!ヽ(^。^)丿。
なんだかここ数年、この曲の登場頻度が高くなっているのが嬉しい。
なにしろ自分がアルフィーにはまるきっかけになった曲だから。
(だからイントロで、王子の演奏と他のメンバーの演奏がズレたことには
 気が付かなかったことにしよう笑)。

しかし感慨深いなぁ。
この曲を、最前列で観ることが出来たなんて。
それだけで、今日という日に大きな価値があるな、と思った。

でも、それだけでは終わらなかった。
次の曲のために、王子が抱えたギターは'59年製のレスポール・スタンダード。
ま、まさかこのギターを最前列で拝めるとは〜(感涙)。
曲は“SWINGING GENERATION 2003”
そうだ!この曲はレスポールでなくっちゃ!というのがアタシの勝手な持論。
申し訳ないが、幸ちゃんが歌っている時も
桜井さんが手拍子してるときも、王子に釘付けだった(スンマセン)。

そろそろ本編も終わる頃だろうか。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎていく。
このまま時間が止まれば良いのに、と思う。

3人で静かに歌い始めたのは“終わりなきメッセージ”のサビの部分。
これもこの春の新しいアレンジらしい。そしてこれが本編ラストか。

♪何かが〜変わるだろう〜…

まで歌うと、王子はハンドマイクに持ち替えてステージ前方に。
うわわわわ、ヤバイヤバイヤバイヤバイ近い近い近い近い!(笑)。
ステージの縁に立たれると、もう殆ど見上げる格好(首が疲れる)。

ステージを右へ左へ移動しながら熱唱する王子。
なんなんだ!この初日にしてファイナルのような力の入れようは!。
王子が常に全力投球なのはわかっているが、それにしたって!。

最後に「You can change your miーーーーnd!!!」と全力でシャウトした後
ステージ中央で片膝を突いてうずくまる王子。
初日にそんなに出し切ってしまって良いのか?!。
(…そして、折り曲げた膝に、衣装の裾が挟まっている^^;)。

なんだか初日なのに、こんなに出し切ってしまう王子の姿を観て
無茶苦茶感動してしまったーーー(ノ_<。)。




《TO BE CONTINUED...アンコールへ続く》






-------------------------------------------------------------------
《オマケ》
radiko.jpプレミアムで、他県のラジオも聴けるようになった〜!
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ
さっそくFM長野で「坂番」聴いてみた!。
たまたまポカスカジャンがゲストで大爆笑。 

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 6

りく

こんばんは。

昨日の春ツアー♪川口お疲れ様でした。私は参加は出来きませんでしたが、グッズを買いに会場に行って来ました。
仕事の為、先行販売時間には間合わず購入出来きるのか不安でしたが、開演後無事復刻版「リストバンド」を購入出来きました。
係員の方が凄く親切に対応してくれた事に感謝です。
28年前に購入したシルバーのリストバンドは今も大切に使っていますが、今回の復刻版、売場で見た時は刺繍がちょっと派手?かなぁと思ったけれど、自宅で改めて見たら素敵でした。
ちょっぴり残念だったのは、ロビーにいた時、チケットありますがと親切に声を掛けて頂いたんですが、主人が酷い風邪をひいてしまい、そんな時コンサート♪に参加して遅く帰るわけにもいかず、お断りしました→本当は凄く参加したかったです/涙。

それでは梅屋さんレポ&グッズ紹介楽しみにしていますので宜しくお願いします。
by りく (2014-04-04 21:20) 

りな

こんばんは、お疲れ様でした(^^)
最後列より私も参加してきました~♪
楽しかったなぁ、と思いつつも
ちゃんと覚えていない所も多々ありますので…
梅屋さんのレポートをお待ちしております(*^_^*)
by りな (2014-04-05 00:48) 

梅屋千年堂

>りくさん
グッズを買いにいらしていたのですね。
恥ずかしながら今回初めて「RADICAL TEENAGER」の
リストバンドを購入しました。
今までどういうわけか、買い逃していたのです。
さっそく初日のライブで装着して拳を振り上げてみましたが
なにやら勇気凛々になれる気がしました(多分)。

チケットの誘惑に打ち勝ったりくさんは素晴らしいです〜。
(アタシだったら多分負けてます^^;)。
きっとこれからいいことたくさんありますよ。




>りなさん
そんなわけで、アタシも初日は大分コワレていたので
レポはいつも以上に「大体な感じ」てお楽しみ頂ければと思いますm(_ _)m。
あの席で冷静になれというのは到底無理な話です(笑)。

by 梅屋千年堂 (2014-04-07 01:40) 

roddy

一列目おめでとうございます✩
昨日名古屋行ってきましたが、5階9列目という
最悪な場所でした(つд⊂)
席順て早いもん順なんですかね?

LIVEそのものは坂崎さんの誕生日だったので
ものすごく盛り上がりました(^O^)
by roddy (2014-04-16 10:11) 

ひとみ。

はじめまして。
昨日、春ツアーmy初日が終わったので、ブログ巡りして来ました☆
川口初日、詳細に書かれていて、読んで楽しいです。
あのショートコントは初日から一緒だったのか…とか(笑)
今、福岡へ帰る途中、新幹線の中です。
昨日は幸ちゃん、緊張してたようです←桜井さん指摘
素敵な還暦ライブでした♪
次は地元福岡のアルコンでww
ALFEEって良いですよね~
ALFEE追いかけて丸32年過ぎてしまってます(笑)
良かったら、また遊びにきますね。
by ひとみ。 (2014-04-16 14:26) 

梅屋千年堂

>roddyさん
席は、運以外の何物でもないと思います。
(ものすごーーーく稀に)一番前の時もあれば、一番後ろのこともあります。
でもどんな席でもそれなりの楽しみ方が出来るのが
アルフィーのライブの良いところではないでしょうか。
記念すべき幸ちゃんの還暦BDライブに参加されたってだけで
羨ましいですよ〜(^_^)。




>ひとみ。さん
初めまして、ようこそいらっしゃいました♪。
幸ちゃん還暦BDライブ、盛り上がったようですねー。
いろんな方からいろんな話を伺って、妄想膨らみっぱなしです(笑)。

ひとみ。さんは福岡の方なのですね。
福岡および九州地区のライブには久しく参加していないので
また行きたいなぁ…とツアースケジュールが発表になるたびに思っています。
もし気が向かれましたら、福岡の感想など、
またコメントしていただけると嬉しいです。

by 梅屋千年堂 (2014-04-17 00:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0