So-net無料ブログ作成
検索選択

THE ALFEE@東京国際フォーラム《本編編》 [┣ '14 LIVE (THE ALFEE)]

THE ALFEE 40th Aniversary 2014『Genesis II』
東京国際フォーラム ホールA・本編の巻

10/27 22:19 UPしました。
ネタバレ指数44

★★★コメント欄あたりにジャンプしたい方はコチラをクリック★★★


怒濤のライブ月間第5弾、東京国際フォーラム。
いやはや我ながらここまで体調を崩すこともなく、
ライブレポもいつも通りUPして(小田さんのはまだだけど)、よく乗り切った。

それはそうと、THE ALFEEのライブで
フォーラムに行くのは久しぶりのような気がする。
いつ以来なんだろう?と調べてみたら、どうやら2009年以来。
翌年の王子ソロでも来ているけど、THE ALFEEでは'09年が最後だった。
5年前だったかー。なんだかつい最近だったような気がするけど
今の職場に移る前じゃないか(^o^;。

給料も出たことだし、今日はチョコクランチとおかきを買うぞ!ということで
開場の17時10分前くらいに有楽町に到着。
入場列が出来ているらしい場所まで歩いて行くと…
うわっ!思っていたよりも長い列が出来ている( ̄口 ̄;)。
これは中に入った後にもグッズを買うのに並ぶかも知れない。

定刻通り17時開場。ゾロゾロと中に入っていく。
そのままグッズ購入列に並んだが、意外とスイスイ。
殆どストレスを感じることなく、チョコクランチ2缶とデリシャスおかきを1箱購入。

その後は友人たちと会って、ちょこっと話をしてから自分の座席へ。
本日の座席:2階5列30番台。やや左寄りブロックだが眺めはいい。
場内に流れているBGMが今までと変わっている。
八王子までは小洒落たジャズだったのに、今日はクラシック。
よくわからないけど、ピアノ協奏曲的なものが多かったような気がする。
オープニングSEへの繋がりを考えると、こちらの方が合っているかも。
小洒落たジャズから、突然壮大で大仰な歌曲へ!という
ギャップも面白いっちゃ面白かったけど。

18時に1ベル、そして「まもなく開演」のアナウンス。
今日はなかなかオーディエンスの手拍子が始まらなかったが
徐々に増えていった。
…が、なかなか始まらない。18時5分を過ぎても始まらない。
ハッキリとは憶えていないけど、そこからもう少ししてから、突然

ドン! ジャーーー!

カール・オルフの“カルミナ・ブラーナ”が流れ始める。
そこにエレキギターの♪ギュィィィィ〜〜〜〜ン!!!という音が被さる。
これ、めちゃめちゃカッコイイ!。

赤、青、緑…やや斜めに倒れた横縞模様が、
ステージを覆う白いスクリーンに映し出され、
色を変化させながら下から上に流れていく。
SEの盛り上がりが最高潮に達した頃、バーン!と
スクリーンに3人の巨大なシルエットが映し出される。

スクリーンが中央から左右に開いて、その向こうにギターを抱えた3人の姿。
ステージ後方中央から、それぞれのポジションへ。

1曲目は“GLORY DAYS”
前回の八王子で初めて気がついたのだけど(^^;
A'メロから入ってくる幸ちゃんと桜井さんによるAhーUhーコーラスがイイ。

ちなみに3人の衣装だが、桜井さんは初日越谷と同じ。
藍色のスーツにワインレッドのネクタイとチーフ。
幸ちゃんもいつもの細身のスーツ。
靴は青いラインがどうも「つっかけ」に見えてしまう、あの靴(^^;。
王子もいつものパープルの衣装。ただし、髪は気合いの巻き髪(笑)。
ギターは1曲目から3曲目まで、Flying A-V(Gold & Silver)。

2曲目もいつもの“幻想飛行”
目まぐるしく動く照明が美しい。

アタマの3曲は、きっといつもと同じなのだろうと思っていたが
3曲目は、耳慣れたピアノのイントロ。オーディエンスの歓声が上がる。
“STAR SHIP -光を求めて-”
ヤッタァ!。
この秋のセットリストは、全般的に大好きだけれども
この3曲目だけが個人的には「うーん…」という感じだったので
今日のこの選曲は物凄くテンションが上がった。
なんだかね♪Don't cry my loーーーーve…って歌ってると
10代の頃に戻ったような気分になってしまうんだ。


3曲終わって、幸ちゃんの挨拶。

幸「こんばんはー!。
  さぁ、やってまいりました!。地元東京!。
  今日も日頃のヤなことを忘れて、
  最後まで楽しんでっていただきたいと思います!。
  1階のみなさんはもちろん!、2階のみなさんも!最後まで頑張っていこー!」

東京国際フォーラム・ホールAの2階席はやたらとデカい。
2階席にもかかわらず、26列もあるのだ。
だから「2階のみなさん!」と言われた時の歓声もハンパない。

幸ちゃんのMCのあと、一瞬の沈黙。
そこから“Beat Pop Generation”
ここから王子のギターはFA-V(Pink & White)。

この曲、全体的に楽しい感じで好きなのだけど
特に個人的にツボなのは、最後の
♪This is m〜y Beat Pop Geneーra〜tion…
が何度も何度も繰り返される部分。
それとなんと言っても最後の
♪Beat Pop Geーneーra〜tio〜〜〜n
のところ。
桜井さんにはピンク、幸ちゃんにはオレンジ、王子にはイエローと
色鮮やかなスポットがそれぞれに当たるライティングは何度見てもハッとする。

“Shadow of Kingdom”
越谷、市川、八王子、とずっと1階席で観てきたけれど
2階から観た方が、照明の凝り具合はよくわかる。
あー、ここの照明は実はステージにこんな幾何学模様を映し出していたのか!と
今まで見えなかった部分が見えて、新しい発見がある。
“Shadow of Kingdom”でも、最後の王子のギターソロのところで
王子の足元でぐるぐる回転する照明が物凄くカッコ良かった。
王子、目が回らないのかな〜(^^;なんてことも気になるけれど。
(演奏に集中してると意外と気にならないものなのだろうか???)。

6曲目の“LOVE-0=”のあと、
ステージ上がグリーンに照らされて
♪デデデデ・デッデデデ・デデデデ・デッデデデ…という電子音。
王子、その間に真っ赤なJackson Randy Rhords Vにギターチェンジ。
ヘッドには赤いチーフがぶらさがっている。

王子の「Let's Daーnce!」というシャウトから“CRIMSON KISS”
今日あたりはもう客席が赤いチーフで真っ赤っかに染まるのでは?
と予想していたのだけど、思っていたほどではなかったカモ(・o・)。
確かに結構たくさんはいたけれども、もっと凄いことになるかと思ってた。

そういうアタシは今日もチーフは持参せず。
だって小道具使わない主義だから(スイマセンねぇ協調性なくて笑)。
ちなみに、前回の八王子レポで画像を載せた、その昔武道館で配布されたチーフ。
なにゆえ開封すらしていないのかと言うと、
実はその当時、アタシはこの曲のこのアレンジが大っ嫌いだったからなのだ(^^;。
もぉ〜なんだか知らないけど、このアレンジと、
その時のオーディエンスのノリがたまらなくイヤでイヤで仕方がなかった。
だからチーフに関しても「こんなもん使うか!」などと思ってたので
開けることすらしなかった。

だがしかし、それから何年か経った後、
またこの曲が演奏されることがあったりなんかして
その時久しぶりに聴いたわけなんだけども、
どういうわけか、この頃にはそんなにイヤではなくなっていた。
むしろ、なんかカッコ良くないかコレ?に変わっていた。
試しにサビで拳を振ってみたら…あれっ?なんか楽しいじゃん(・o・)。
で、それがそのうち「あらら?結構好きカモ(^o^;」に変わっていった。
なんだかね〜、長年ファンやってるとこんなこともあるんだねぇ。

まぁ、そんなことはどうでもいいとして!。
今日のこの曲でのツボは
・「GO! GO! GO! GO!」とシャウトしながら、ステージ前方を移動していく王子。
・♪YES I DREAM OF THE DAY〜のとこで
 「♪で〜ぃえぃえ〜ぃ」と歌いながら頭を左右に振る王子。

そして今日もやってきた!桜井さんコーナー(笑)。
赤いベースを肩から下げた桜井さんが、
ステージ前方に出てきてベースを弾きまくる。
やがてそこに王子のギターも加わって…、あ〜なんてカッコイイんだ!。
二人の姿に滅法シビレた〜(*^^*)。



ここで桜井さんと王子は一旦ステージ袖へ。

幸ちゃんのMCでは、まずいつもの場内アンケート。
関東4本目のフォーラムだけれども、
今日も意外と「このツアー今日が初日な人」が多かった。

今年の休みは少ないとぼやいている桜井さんを呼び込んで
今日も『水戸黄門』ネタでしょ?と思いきや!
今日の桜井さんは異様に(笑)テンションが高く、歌を歌いたい気分ということで
“ブルーライト・ヨコハマ”を歌い出した…と思ったら
「♪街の灯りがとてもきれいね、有楽町〜 ブルーライト有楽町〜」。

王子は、いつものように“L'oiseau De Nuit”をBGMに再登場。
衣装は《アナと雪の王子》なのだけど、今日はなんとマント着用。
客席に背中を向けてマントを広げる王子。
王子のポーズを見て、思わずジュディ・オングの“魅せられて”を
歌ってしまう幸ちゃんなのだった。
夏イベの時はよくわからなかったけど、こんなに綺麗なマントだったんだ。

いつものように、うそっぱちなフランス語で幸ちゃんとやりとりし(^^;
マントを翻して再びステージ上手に消えていった王子。
(どうやらマントを外しに戻った模様。…ってこれだけのためのマント?^^;)。
きっとフォーラムに集まったみんなに見せたかったんだねぇ(笑)。

グッズ紹介コーナーで、ハイジの歌を歌うときに
「♪くちぶっえは なっぜー 遠くっまで きこえっるっの
   おしーえてー 太傳治さんっ」
と、桜井さんが歌ったところ
「オォイ!。そこはおじいさんだろ!。
  確かに太傳治さんはおじいさんだけど(笑)」
と、幸ちゃんの突っ込み。

ツアーパンフのバックステージでの写真の話から
「以外とこの人(坂崎)は見せたがり」という話題になったところ
「でも俺は(桜井みたいに)パンイチで人前に出たりしないぞ」
更に「俺のパソコンの中には《桜井のマル秘画像》ってのがあるんだ」と幸ちゃん。
セキュリティは大丈夫なんだろうな?!と慌てる桜井さんなのだった。


幸ちゃんの曲紹介から、“まもなく2番線に…”

この曲での王子のギターはPRS Private Stock 3925 Cunsom24
Flame Neck Triple Faded Pink。
後奏の三連符の応酬が、CDでも良いけど、ライブでもカッコイイ。

さぁそして座りコーナー2曲目。今日はどっちだ?。はたまた全く別の曲か?。
…ただすけくんのキーボードから始まった。
てことは、“心の鍵”
王子のギターは黒いボディに白いピックガードのストラトキャスター。

最後にアカペラでサビを歌って、そのあと幸ちゃんがちょこっと歌って
「♪As Tiーme Goーes Bーーーーーy…」で終わるわけなんだけども
この「♪Bーーーーーy…」の直後の残響が鳥肌モノだった。
その残響が聞こえなくなるまで、誰一人として拍手もせず
ホール内の全員が、この残響に聴き入っているかのように思えた。

そしてその余韻のまま“マンハッタン・レイン”
またまたギターチェンジの王子。
おや?なんだかあまり見たことのないギターを持ってきた。
ブルーのトラ目が美しい、ダブルカッタウェイ。ピックアップはハムバッカー。
そのボディのトラ目と光沢の美しさからPRSか?と思ったけれども
ネックのインレイの形が違う。ヘッドの形状も違う。
双眼鏡で凝視したけれどもどこのギターかわからなかった。

が、帰宅してもしかしてESPかな?とサイトをチェックしてみたら
AMOROUS FR-CTM…どうもコレっぽいような気がする。
借り物なのか、お買い求め品なのかわからないけれど
とにかくとても綺麗なギターだった。
それはそうと、王子のギターコレクションってまだ500本には達してないのかなぁ?。

座りコーナー最後の曲は、やはり“哀愁は黄昏の果てに”
Aメロ部分での、幸ちゃんのアコギとただすけくんのピアノが凄くイイ。
王子のギターはFlying Angel FANTASIA。
今日のアタシの座席からは、王子のペダルづかいがよく観察できる。
「あ、今ボリューム下げた。あ、今度は上げた」などと
意味もなくいちいちチェックを入れる(笑)。

間奏が終わって、「♪過去をつなぎあわ〜せ〜…」で一旦ボリュームを下げる。
そのまま歌い続け、「♪離れーはしなーかぁったーーーーあーあーーーー」の後の
♪ダダーン!のところで、またボリュームを上げなければならない筈なのに
なかなかボリュームペダルに足を掛けない王子。
ダイジョブか?!忘れてない???とだんだん心配になる(^^;。
が、♪ダダーン!の直前に、グッとペダルを踏み込んだ。
いやぁー、陶酔して熱唱しているように見えていても
そこらへんはちゃんと冷静なんだなぁと思った瞬間であった。

後奏のギターソロもなんだかヨカッタなぁ(*^^*)。




幸ちゃんと桜井さんは一旦ステージ下手へ。
王子はギターをFlying SEVENにチェンジ。それを抱えたままMCに突入。

「このギターだと次の曲が分かっちゃうでしょ?」と王子。
初めて観る人のために、とヘッドのアイスラッガーを外して見せて
その際に客席から起こったドヨメキに満足げ。

この後は、まだまだ続く(笑)『ナショナルキッド』話。
幸ちゃんと王子、二人して“ナショナルキッドの歌”を歌ってから光線銃の話。
子供の頃、光線銃型の懐中電灯を買ってもらえなかった王子は
水鉄砲に「こうせんじゅう」と書いて遊んでいたんだとか。
でも「こうせんじゅう」と全部書ききれずに「こうせんじゅ」になっていたらしい。

そんなことから、「高見沢に一番最初にサインを書かせるとあとが大変」という話に。
一番最初に、王子にサインを書かせると2/3を一人で使ってしまうので
桜井さんと幸ちゃんのスペースが1/3になってしまうらしい(^^;。

ブラジルのAmazonで買った『ナショナルキッド』のDVDを
幸ちゃんと桜井さんに見せたので、その感想を二人に求める王子。
「ものすごく展開がゆっくりで、BGMもないから
 だんだん観てるのがつらくなってくる」と幸ちゃん。
桜井さんは、音声の変え方が分からず、ポルトガル語のまま観てしまったため
ストーリーがあんまりよくわからず、大体で観てた、と(^^;。

最後は王子が
「みんなにとってアルフィーがライブのヒーローであったらいい。
 アルフィーのライブはみんなの日常のストレスをぶち壊すほど音がデカい」
とまとめて“英雄の詩”
このツアーが始まってから、なんでSEVENギターあるいはZEROギターを
使わないんだろう?t思っていたんだけど、そうか、そういうワケだったのか。
次の曲が“英雄の詩”だったバレちゃうからだったのか。
(でもこのMCの内容だったら、ギターがウルトラ系じゃなくてもバレバレな気が…^^;)。

そして本日の13曲目。キター!“Zipang”
ライブで聴くのは久しぶりな気がしていたけど
手拍子や拳を上げるタイミングは体が憶えていた。

この曲と、次の“悲劇受胎”での
王子のギターはFA-V(Pink & White)。
いつもそうなんだけど、“悲劇受胎”での体のあったまり方がハンパない。
どんなにMCで体が冷えてしまっても、この曲で一気に回復するのだ。

“LOVE”も照明が綺麗な曲。
ピンクとグリーン。
敢えて反対色同士を組み合わせているのが印象的。

本編ラストは、“至上の愛”
最初はシンセサイザーの音から入って『AGR2』アレンジのイントロが始まる。
それと同時に、ステージ上の燭台に火が灯る。
ステージの床には、スモークがもくもくと焚かれて、とても幻想的なのだ。
桜井さんの背後で、くるくると回転しているライトも美しい。

王子のギターはVenus Angel(慈愛)。
ところどころ溜めるような歌い方は、個人的には今ひとつ好きではないのだが
それでもかなりグッと来てしまう。

1コーラス目と2コーラス目の間のところの、桜井さんのベースのフレーズも大好きだ。
前回の八王子の時だったか、
この時に幸ちゃんが桜井さんの方を見ていたのが印象的だった。
(八王子レポに書くのを忘れていたので、今回書いてみた笑。
 ちなみにフォーラムでは、幸ちゃんは桜井さんの方を見てはいなかった^^;)。

王子の歌い方は丁寧だし、ジーーーーンとくるのだけれども
やっぱり、どうしても、しつこいようだが(笑)
最後の後奏が「短いっ!」と思ってしまうのだった(^o^;。




《TO BE CONTINUED...アンコールへ続く》 

nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 13

かりりん

お疲れさまでした!

梅屋さん、大丈夫ですか??「ワァーーーッ!と叫びながら走り出したい衝動」とは・・・一体何事でしょう?気になります。。。

オーラス、意外でしたね。私も「あらっ!」とビックリしました。そう来たか、と。

広島で私が聞いたあの曲も、昨日はしっかり入ってましたね。よかったです。

私は3曲目にジタジタしました。あ〜ん、今レギュラーでやってる曲よりこっちの方が好き〜!(>_<)

ということで、小田さんのレポもありますからご無理のないよう。。。お待ちしております(笑)
by かりりん (2014-10-26 07:36) 

ネイビー

ライブ楽しかったですね(^.^)
ラストももちろん良かったのですが、そこにつながるMCに引き込まれ、その時点で思わず感涙…
グタグタトークと同じ人とは思えない…(笑)
いく度に違うライブ
「アンタ、マタイクノ?」といわれてもこれだからやめられないんですよね…
(*^▽^*)/
梅屋さんつぎは、どちらでしょうか(^.^)?
by ネイビー (2014-10-26 10:09) 

みかちん

梅屋さん おはようございます。

私は オーラスの高見沢さんのMCから『えっ?』『何?』と 聞き入ってました。が 悲しいことに 曲名が・・・・思い出せない(>_<)

帰りの電車の中で ガラケーで調べたら・・・自分が大変な時でアルフィーどころじゃなかったを・・・思い出しました。

今も少し似た状況なので・・・この曲(歌詞を)糧にしようと思いました。

レポ楽しみにしておりますが・・・小田さんが先ですね。



by みかちん (2014-10-26 10:24) 

りな

楽しかったですね、お疲れ様でした(^^)
会場が駅直結なので、行きやすくていいですよね~。
また明日から仕事をがんばろう~♪

梅屋さんの走り出したい衝動…何かな、気になります!
レポをお待ちしています~♪
by りな (2014-10-26 15:32) 

マベパール

私も国際フォーラム参加しました。楽しくてあっという間の3時間でした。
思い入れのある「Shadow of Kingdom」はいまのところ毎回演奏されるのでとてもうれしいです。

私は1階中程の左端の席でした。「至上の愛」で炎がともりますが、
ちょうど高見沢さんの右肩から頭上あたりにその炎が重なって見えて、
まさしく「燃える男」でした。

たまたま都内まで車で来ていて、アルバムの「夢よ急げ」をかけていました。
オーラスの曲は、まだライブでは聴いたことがなかったので聴きたいな、
と思っていた曲でした。これもまたうれしかったです。帰りはAGR2を聴くつもりでしたが、やはりこのアルバムを聴きながらライブを思い返していました。

オーラスの曲が変わることもあるのですね、変わっても変わらなくてもそれもまた楽しみです。

そして、「走り出したい衝動」とは??よろしければぜひお聞かせください。


by マベパール (2014-10-26 19:23) 

かりりん

こんばんは。
お忙しい中、小田さんより先にレポを上げて下さって、ありがとうございますm(_ _)m
なるほど、久々に聞かれた曲があっての走り出したい衝動だったのですね(^o^)なんだか分かる気がします。
その曲はオーラスの曲だったのでしょうか?

「アナと雪の王子」、MC明け登場時のみマント着用とは…高見沢さん、さすがです(笑)神戸でも出てきて下さらないかしら…?

MCでツボでしたのが、桜井さんの「おしーえてー 太傳治さんー」と、ナショナルキッドのポルトガル語出力を日本語に変更するやり方が分からなかったお話です(爆)
ポルトガル語で見るのは、それはストレスだったことでしょう…(笑)

私も実は超小声なのですが、「Galaxy Express 999」はちょっとノリにくくて、「う〜ん…(~_~;)」と思ってたんです。(高見沢さん、ごめんなさい)
だから大好きな「StarShip」に変わっててジタジタしたのですが、長野ではまた戻っていたようですから、たぶん神戸も通常モードでしょうねぇ…_| ̄|○

次は私も2本目の参加ですから、多少は落ち着いて見て来れると…思いますので(笑)、またご報告させて頂きますね。
by かりりん (2014-10-28 01:53) 

あるふぃーまにあ

CDのジャケット写真には著作権がありますので、権利者の許諾なくホームページに掲載することはできません。

コンサートの会話を掲載することは著作権侵害になります。
詳細な内容の掲載は、録音機器の無断持込の嫌疑も
かかってしまいます。

by あるふぃーまにあ (2014-10-28 16:07) 

ポチヒコ

本当に怒涛の10月関東連発でしたね。
さすがに毎週の開催に参加はきつかったです。(-o-;)?
何とか乗り切って11月以降のライブに臨みたいと思います。

このフォーラムのツボは何と言っても坂崎さんがお持ちの
「桜井さんマル秘写真」でしたね。

パンイチの写真や心を許したであろう写真見たいなぁ~。
いつぞや公開していただける事を切に祈ります。(-人-)

MCで高見沢さんがおっしゃってますが50周年目指して
やって行くようですので我々も頑張らなくっちゃです。
by ポチヒコ (2014-10-28 22:38) 

梅屋千年堂

>かりりんさん
フォーラムでは、オーラスにすっかりヤラレてしまいました(・_・、)。
走り出したい衝動は、ハイ、まさに“自由になるために”です。

《アナと雪の王子》のマント、夏イベではあまりじっくり見られませんでしたが
今回ちゃんと見せてもらえて、あんなに綺麗だったんだ〜と思いました。
神戸でもちょこっと披露してくれるといいですね。

>>「Galaxy Express 999」はちょっとノリにくくて
あ、仲間がいてヨカッタ(笑)。
神戸は、どうなりますかねー。意外とまったく別の曲が出てきたりして???。
こればっかりは当日のお楽しみですね。

神戸、久しく行ってないなぁ。あの会館、駅近で結構好きなんですが。
楽しんで来てくださいねー。
そしてまたのお越しをお待ちしております。




>ネイビーさん
フォーラムでの最後のMC、グッと来ましたね。
なにやら早口で饒舌で、アタシもぐいぐい引き込まれました。
アルフィーは、音楽の振り幅のみならず
メンバーのキャラクターの振り幅も、魅力のひとつだと思っています。

>>梅屋さんつぎは、どちらでしょうか(^.^)?
次は、ちょっと間が空いて大宮です。
今日チケットが届きましたが、お約束のように
家族からも「またいくの?!今度どこっ!」と言われました(笑)。




>みかちんさん
MCの内容がこれまでと全く違っていたから「あれっ?」って思いましたよね。
しかもアレンジがところどころ新しくなっていて
内心「こんな隠し球をここまで取っておいたとは〜」と思ってしまいました(^^;ゞ。

大変な時、アルフィーの歌は背中を押してくれますね。
アタシも“自由になるために”を久しぶりに生で聴いて、
よし、明日からまた頑張ろう!と力が漲りました。




>りなさん
フォーラムは駅から近いし、
しかもいろんな路線からアクセスできるので良いですよね。
越谷・市川・八王子と、ずっと午前様ギリギリの帰宅時間だったので
家に帰り着いたとき「あれ?まだこんな時間?」という感じでした。

走り出したい衝動…
ただ聴きたかった曲が聴けてヤッホー!それだけなのでした(笑)。
つまらん話でスミマセン(^^;ゞ。




>マベパールさん
“Shadow of Kingdom”はずーっとやってますね。
おそらくこの先もずーっとやりそうな気がします。
カッコイイですよね(*^^*)。
アタシはこの新しいアレンジになってから、以前よりもこの曲が好きになりました。

“自由になるために”は、いったいいつのツアー以来だったのでしょうか。
最初にやったのは2000年の春ツアーのようでしたが、まさかそれ以来?。
思えば、この曲は“NEVER FADE”のカップリング。
アタシ、“NEVER FADE”は楽曲からジャケットからカップリングから
全てが好きなんです。

まさかのオーラスでしたが、
これからまだまだ変わる可能性はあるかも???ですね。
油断はできません(笑)。楽しみです。




>あるふぃーまにあさん
コメントありがとうございます。
ご指摘の件は真摯に受け止め、今後改善に努めさせていただきます。

CDジャケット写真は、Amazonや楽天のアフィリエイトから
提供されているものであれば問題ないでしょうか。
録音機器の持込の嫌疑につきましては「絶対にしていません」。
この言葉を信じていただく他はありません。

今後ともよろしくお願いいたします。




>ポチヒコさん
怒濤のライブ月間が終わりました(笑)。
なんだかかつての武道館3daysよりもキツかったような気が…(^^;。
いえね、ホント、無理して全部参加しなくてもいいんですよね。
別に来てくれと頼まれてるわけじゃないんですから(^o^;。
でも、参加出来るものはやっぱり参加しておきたいし、後悔したくないし。
結論として、全部参加して大正解でした。
大抵は欠席するフォーラムも、今回は有休取った甲斐がありました。

>>パンイチの写真や心を許したであろう写真
12月に予定されているらしい幸ちゃんの写真展…
「またみんなが喜んでくれそうなことを考えている」と
幸ちゃんがどこかで言っていたような…てことは…???
いや、それはさすがにないですよね(^o^;。

by 梅屋千年堂 (2014-10-30 18:46) 

さとみ

こんばんは。お久しぶりです。
梅屋さん試験がんばって下さいね。
My初日は浜松なので梅屋さんのレポよんで楽しんでました。浜松では久しぶりに一桁列なので(前回は2階席でした)赤いハンカチを準備しようかと友人達と考えてます。
大宮のレポ楽しみにしてます。

by さとみ (2014-11-04 22:04) 

梅屋千年堂

>さとみさん
スミマセン、誠に勝手ながら
こちらの記事にコメント移動させていただきましたm(_ _)m。

浜松では一桁列ですか!。それはいろいろ堪能できますね(笑)。
赤いハンカチ、元気に振ってきてください。

アタシも次の大宮が待ち遠しいです。
が、その前に美術検定という壁を乗り越えないと…(x。x)。

by 梅屋千年堂 (2014-11-04 22:27) 

さとみ

梅屋さんネタバレすみませんでした。ご迷惑をおかけしました。コメントする時には気をつけます。
我が家からは神奈川、東京へでた方が近いのですが、静岡県民としてやはり県内に参加しようと思って浜松にいってきますね〜。
by さとみ (2014-11-05 22:27) 

梅屋千年堂

>さとみさん
静岡もなかなかに広いですもんね。
こちらからも、熱海・三島・清水・静岡あたりまでは
そんなに遠く感じませんが、昨年磐田に行った時は結構距離あるなぁと感じました。
(でも帰りは浜松から新幹線に乗って、意外に早く帰ってこられましたが)。

浜松から中一日でカナケンなので、イイ感じでコワレたメンバーを
観られるのではないかと期待しております。
そのためにも(笑)浜松、大いに盛り上がっちゃってくださいね〜。

by 梅屋千年堂 (2014-11-06 00:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0