So-net無料ブログ作成

本日発売!! [THE ALFEE]

THE ALFEE meets The KanLeKeeZ
『あなたに贈る愛の歌』

あなたに贈る愛の歌(通常盤) あなたに贈る愛の歌(初回限定盤A)

あなたに贈る愛の歌(初回限定盤B) あなたに贈る愛の歌(初回限定盤C)


昨日・今日で既にヘヴィロテ中…
(ゲスト出演したラジオでももれなく流れるし^^;)。
そんな中で感じた《個人的ツボおよび感想》。
(ホントに《物凄く個人的》な戯言です(^^;ゞ)。



“あなたに贈る愛の歌”

ラジオで初めて聴いた時の印象は
「エラくストレートで壮大な(そして大仰な^^;)ラブソングだな…」だった。
イントロや全体の雰囲気は『AGR』バージョンの“君に逢ったのはいつだろう”っぽく、
“至上の愛”や“ALWAYS”、“哀しみの泉”、“100億のLove Story”、
このあたりのラブソングのエッセンスを抽出して混ぜ合わせ、
ちょいと新しい味付けをして濃縮還元した感じかな…と思った。

王子の歌い方も、初めて聴いた時は
「なんだか芝居がかった歌い方だなぁ(^o^;」と思ったけれど
何度も何度も聴いているうちに、
それがだんだん心地良くなり、いずれ胸を打つようになる。
(早い段階で、ライブで聴いてしまったことも影響してるかも)。

その初めて生で聴いた静岡のライブレポで、
・「きみ」と「僕」ではなく「あなた」と「私」なのは
 男女どちらからでも贈れるラブソングとして、だからだろうか?
とか
・“今日のつづきが未来になる”では「永遠に続くものなどない」と歌っていたけど
 この歌で「あなたを愛したい 永遠に」と歌うのは
 人はどこかで《永遠》を信じていたいからだろうか?
ということは書いてきた。
そして、
・ハッピーなラブソングのはずなのに、せつなさを感じるのは何故なんだろう
とも書いたのだけど、何度か聴いていて思ったのは
どこかせつなさを感じるのは、「永遠に」と言われても、
やっぱり「永遠などない」と知っているからかも。

歌詞では「本当が見えて来るのだろう」というフレーズが
凄く心に響いてきて、本当とはなんだろう…と考えていたら
やたらと「ほんとう」が出てくる
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』が思い浮かんできた。
…「本当」とはなんだろう。

コーラスは3人の声が対等にワーッ!と迫ってくることはなく
背後で静かに主旋律を支えているという感じがどこか新鮮。
そして速弾きの一切ない間奏のギターソロも新鮮。

「♪愛は奇跡を〜」の直前の盛り上がりはライブでもCDでもグッと来る。
(先日の『MUSIC FAIR』では、「♪愛は奇跡を〜」がスッ飛ばされて
 ちょっとガックリだった^^;)。

細かいツボはもう、いろいろいろいろいろいろである。
王子の歌い方で言えば
・「♪とかぬ夢に〜」
・「♪涙を流せヴァ〜
・「♪ゥワたしには〜」
・5:20あたりの「♪え゛え゛〜んに〜(永遠に〜)」
…などなど。

特に最後「愛の歌に乗せてー」の「てー!」の地声のによる高音と
その後の「♪Love Song For You〜」の「♪You〜」の
ファルセットの対比がなんとも言えず
最大のツボは「♪You〜〜〜〜…」が
まるで周りの空気に溶け込んで、消えていくような感じがするところ。
何度聴いてもここはたまらない(* ̄▽ ̄*)。

これは“至上の愛”を超えて
《アルフィー史上最強・無敵のラブソング》になっていくかも?
…なーんて(^o^;。





“エレキな恋人”

ド頭のイントロから想像するに、“Dancing 60’s”みたいな
能天気(笑)なメジャーな楽曲なのかと思いきや、実はマイナー。

A’メロの♪ジャカジャカジャカジャカジャーンというギターがツボ。

The KanLeKeeZのナンバーは、とにかく楽しくて分かり易い
(でもやってることは結構細かくて大変そう)のがイイ。
あまり深く考えずに「音楽は楽しいもの」と
改めて気付かせてくれる気がする。

サビの、桜井さんの「君にーーー!」の高音がスゴイ。
青筋立てて眉間にシワを寄せて歌ってる桜井さんの顔が浮かんできた(^o^;。

そして、おそらく…きっと…また…この曲にも振付が付くのだろう。
そして、夏フェスタでみんなで楽しく踊るのだろう。
楽しみだ…(ホントだよ〜^o^;)。





“創造への楔”

“あなたに贈る…”とは対照的に、歪み系ギター全開。
詞も曲もアレンジも、いかにもマラソンイメージソング、な曲。

曲の感想はマラソンでオンエアされたときに
大体書いてしまっているので、いざここで書こうとすると
もうあまり書くことがないのだけど、
改めてCDで聴いてみると、間奏の前半が物凄くカッコいい!と思った。

こうして聴いてみると新譜の3曲は
まったくタイプが違うのだけど、どれも間違いなくアルフィーらしいし
その振り幅の広さを感じさせるわけなんだけど
その振り幅が時計の振り子みたいに「あっち」と「こっち」という2つだけじゃなくて
「そっち」もあって(しかも「そっち」がいくつもある)
アルフィーの振り子はいろんな方向にぶらんぶらんしてるんだなと
改めて感じた。

初回限定盤のカップリングになっているライブバージョンの楽曲も
ハードな曲ばかりだし、どれを買ってもいろんなアルフィーが楽しめる
そんな仕掛けになっているような気がする。





“あなたに贈る愛の歌(Original Instrumental)”

今回もガイドメロディのボリュームが限りなく小さいのが嬉しい。
歌入りのバージョンでは聴こえなかったいろんな音が聴こえてくる。
サビの最後の方に入っているエレキギターの
♪ポロロン…ポロロン…なんてのは、実はこれを聴いて初めて気付いた(^o^;。

最後に出てくる唯一の歪んだギターの音もよく聴こえて嬉しい。
このあたりの王子の歌が凄すぎて(笑)、実はこれも気付いていなかった。

このインストバージョンでは、
なにしろストリングスが奏でる旋律の美しさが際立つ。
主旋律がなくてもこれだけでも楽曲として成り立つ気がする…
って言ったら言いすぎだろうか。

この曲をINNOVATION CLASSICSで演奏しているところや
本物の弦楽合奏団やハープを従えて歌うところを
生で観られたらどんなにか素敵だろう。




今回は(珍しく)タイアップなはないけれど
そこに縛られてない自由な感じも好きだ。

nice!(2)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 18

ポチヒコ

フムフムなるほど。

やっぱり個人の主観ってとこなんですかね?
新曲を聞いていてどうしても引っかかっていたんで
ついつい聞いてみちゃいました。(^^)?

明日のNHKの会場ではポスターが付くみたいで。
これを待っちゃう所が純粋なファンではないのかな?(笑)
とりあえずオリコンチャートには貢献できるからいいか。


by ポチヒコ (2017-05-26 20:55) 

梅屋千年堂

>ポチヒコさん
いやいや純粋なファンではないのは「特典イラネ」なアタシでしょう(笑)。
スリーブケースもクリアファイルもポスターもいらなーい…
でも応募特典のトークカセットテープは欲しい、みたいな。

NHKホール、楽しんできてくださいねー(^o^)/。

by 梅屋千年堂 (2017-05-26 21:31) 

こたろう

王子の声に圧倒されました。
壮大なアレンジだけど、歌詞がわかりやすく身近な感じがして、こんな風にメンバーに囁かれたら…(//∇//)
これを聞くときはなぜか無言になってしまう、私たちです(笑)

エレキは遊んでますね〜。
きらきら星のピアス探したくなりましたもん。

今日はバベルを観てから、NHKに行きます。では、行ってきまーす。
by こたろう (2017-05-27 06:43) 

梅屋千年堂

>こたろうさん
確かに圧倒されますね。
生で聴くと、きっともっともっと圧倒されてしまいますよ。

NHKに行けないアタシは、ラジオのオンエアやiPodで
今日もヘヴィロテしておりました(*^^*)。

by 梅屋千年堂 (2017-05-27 23:18) 

おかん

梅屋さんの感想をうなずきながら、あなたに贈る愛の歌♪通常盤を聴きまくっております。高見沢さんが今回自由にできたのが良かったとインタビュー内でも仰ってましたね。
クラシックで聞いてみたいと私も思いました。娘は合唱曲になりそうな感じと言っておりました(違ってたらすみません)。
エレキの恋人「君に~」の桜井さんの声に痺れております!(^^)!
by おかん (2017-05-28 06:00) 

こたろう

梅屋さんのおっしゃってた「もっと×3」の意味わかりました。
三階だったのに、王子の声がダイレクトに届き、圧巻でした…。思わずガン見していた私の後悔は、大好きな桜井さんをほとんど見ていなかったこと。
今日はしっかりと…見つめてきます(笑)

あと、今更バベルの感想ですが、スゴイ!(◎_◎;)
その前の彫刻や宗教画も細かいなぁ。と思っていたのですが、バベルはそれ以上の緻密さで三回近くと遠くでみて、堪能してきました。版画に心乱された分、バベルで浄化?してもらったような気がします。
その夜に、LAST OF EDENを聴けたことも良かったです\( ˆoˆ )/
by こたろう (2017-05-28 07:37) 

ポチヒコ

梅屋さん、NHKの感想ですがどこに書けばいいですか?
一応ネタバレが嫌な方もいるかなぁ~と思って。
静岡のアンコール辺りがいいのかな?
まぁ、ここのレポのような再現力はなくとっても稚拙ですけど。(^^;?
昨日帰りながらメモにおこした位ですが雰囲気が伝わればいいです。
今日も行ってみて合わせて書いてみたいと思います。


by ポチヒコ (2017-05-28 13:35) 

梅屋千年堂

>おかんさん
こんな個人的な感想文(?)を読んでいただいて恐縮です。
アタシも忙しくてクッタクタになった仕事帰り、
“あなたに贈る愛の歌”およびそのカップリングを聴きながら帰ってきました。

桜井さんの「君にー!」いいですよね(*^^*)。
アタシは“創造への楔”の「Breーak out oーf your sheーll」もツボです。
(そして自分で歌ってみると舌を噛みそうになります^o^;)。




>こたろうさん
>>大好きな桜井さんをほとんど見ていなかったこと
アタシなんて静岡ではホンットに王子しか見えてない視野狭窄状態でしたよ(^^;ゞ。
それほどの吸引力がこの歌にはあるのかも知れません。
アタシも次のヨコケン(まだまだ先ですが)では
もっと視野を広げて(笑)全体を観たいと思います(席も後ろの方だし^o^;)。

ブリューゲルの「バベルの塔」、素晴らしいですよね。
そういえば今日のEテレ『日曜美術館』は「バベルの塔」を取り上げていて
ブリューゲル×大友克洋という企画でした。
録画してあるので、明日以降ゆっくり観ようと思っています(*^^*)。

by 梅屋千年堂 (2017-05-28 22:14) 

梅屋千年堂

>ポチヒコさん
このブログのサイドバー上方の
「当ブログをご覧頂くにあたって」にもございますように
原稿ツアーのネタバレは、現行ツアーのライブレポのコメント欄に
投稿していただけると幸いです。
静岡でも市川でもどこでもよいでーす。
既に連絡網(笑)でいろいろな噂は伺ってはおりますが
詳細なお話、楽しみにお待ちしておりまーす(^o^)/。

by 梅屋千年堂 (2017-05-28 22:22) 

ポチヒコ

申し訳ないです。
お邪魔してから取扱説明書を読んでいませんでした。
メッチャ反省。(-o-)?
ひとまず情報は梅屋さんですと入手されていると思いますが
稚拙なレポ読んでくれたら嬉しいです。
一生懸命思い出してまとめたので。


by ポチヒコ (2017-05-29 00:00) 

梅屋千年堂

>ポチヒコさん
いえいえ、いいんですよ。
おそらく読んで下さってる人の方が少ないかと(^^;ゞ。
ていうかアタシ「現行」を「原稿」って間違えてるし、前のコメント…_| ̄|◯。

渾身レポ、これから拝見しますねー。

by 梅屋千年堂 (2017-05-29 01:52) 

みかちん

今ごろ・・・(>_<)
皆さまの感想を読んで、なるほど そうなんだぁ~。と 初めて聴いたの静岡でした。
私・・・メロディからなので あまり 歌詞は印象に残らないんです。とにかく 壮大だなぁ~というくらいの印象でした。やっと今、歌詞が響いてきましたf^_^;

それから・・・20日(土) 母と一緒に 坂崎さんの書写真展と 旧古河邸に行ってきました。

書写真展は 誰もいなくてちょっと 入るのに躊躇しました(>_<)
ラッキーと思えない小心ものです。

旧古河邸の方は 激混みでした。

と、マヌケな書き込みで失礼しましたm(__)m
by みかちん (2017-05-29 18:55) 

梅屋千年堂

>みかちんさん
“今日のつづきが未来になる”も“あなたに贈る愛の歌”も
不思議と歌詞がスッと入ってくる気がします。
「歌詞をじっくり聴くぞ!」と構えなくても自然にスッと入ってくる。
どちらの歌も、割とシンプルな言葉で綴られているからかも知れませんね。

良かったら今度、書写真展や旧古河庭園の感想なども
お聞かせ下さいませ〜。

by 梅屋千年堂 (2017-05-29 22:07) 

ナッキー

通常盤を買ってヘビロテしてます。

全体的に綺麗なメロディーで、お得意のギターの”ウウィ~ン ウウィ~ン”もあまり無く(^-^;
特に2コーラス目の後のギターのフレーズが美しく切ないです。
まだライブで聴けていないのですが、生で聴いたらこの部分で泣いてしまいそうです(;O;)

♪はっなさない~♪は普通に♪はなさない~♪と歌わないところがミソですね。
あなたを愛したい、見つめたい、抱きしめて、守りたいとお互いを想う気持ちがこの小さな「っ」に詰まっているような感じがします。
高見沢さんの大袈裟な(笑)歌い方がこの曲にとっても合ってますね。

エレキな恋人は、2コーラス目のマサルさんの♪神さま!♪の歌い方がセクシーですね(^^)
マサルさんが青筋立てて眉間に皺寄せて♪君に!♪と歌う姿を早く観たいです(^^)

創造への楔もマサルさんにはキーが少し高そうですね(^-^;
夏フェスタで聴けるかな?
それにしても「One Step」は何時になったら聴けるのかなぁ?
by ナッキー (2017-05-30 23:04) 

梅屋千年堂

>ナッキーさん
ライブで聴く“あなたに贈る愛の歌”…いいですよ〜〜〜。
熱唱する王子にシビレまくること請け合いです。

そして!!!やりましたね!。
オリコンチャート第5位!。
なんだか“今日のつづきが未来になる”の時よりも
喜びが大きいような気がするのは、
タイアップなしでのトップ10入りだからでしょうか。

とにかく

\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ

ですね。

by 梅屋千年堂 (2017-05-31 01:21) 

おーちゃん

最初にCDで聴いたときはいま一つピンと来なかったのですが(ゴメンナサイ~(^^;)、NHKホールで聴いてドカンと来ました。その後はぐるぐるぐる@@@、脳内もヘヴィロテに陥ってます。
ライブはすごいです・・・。高見沢さんのボーカルが熱すぎる。梅屋さんのおっしゃるとおり、シビレまくりです。

アルフィーには噛めば噛むほど病みつきになっていく曲が多いですけど、これもその1曲のように思います。
INNOVATION CLASSICSで演奏・・・賛同します!
by おーちゃん (2017-05-31 23:12) 

梅屋千年堂

>おーちゃんさん
CDではそれほどでもなかったのに
ライブで聴いてガツン!と来ることって結構ありますよね。
(リリースされて何十年も経ってから来ることもあります笑)。

>>INNOVATION CLASSICSで演奏
本物の生の弦楽器との演奏、聴いてみたいですよね〜。
アタシが密かに思い描いている妄想は
「今年のクリスマスイブの武道館で、
 弦楽合奏団を従えて厳かにこの曲を歌うの図」です(^^;ゞ。

by 梅屋千年堂 (2017-06-01 00:13) 

梅屋千年堂

>ゆうこさん
こちらの記事に頂いたコメントの中に
現行ツアーのネタバレが含まれておりましたので
誠に勝手ながら『THE ALFEE@静岡《本編編》』のコメント欄に
移動させていただきました。
大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

by 梅屋千年堂 (2017-06-08 01:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0